#53 Short story / 魔女のパン《Witches’ Loaves》/ storytelling // N5 Level / Japanese listening

Today’s episode is “魔女まじょのパン(majo no pan)《Witches’ Loaves》.
This story is a simple Japanese translation of O’Henry’s “Witches’ Loaves.”
This episode is JLPT-N5 level.

I created a quiz on this episode.
After listening, please take the quiz!

Please use this audio for listening and shadowing practices.

☆YouTube Channel


☆Quiz for this episode
Quiz at italki page

※Need to register (free)  with italki.
First time registrants click here

(This page is italki page.You can receive $10 USD italki Credits in your Student Wallet within 48 hours after you make your first purchase.)

☆My profile page
My profile page here

I also teach on italki. Check out my teacher profile for one of one lesson!

☆Words
魔女(まじょ):witch
パン屋(や):bakery
お金持(かねも)ち:rich
帽子(ぼうし)を かぶる:wear a hat
硬(かた)い:hard
茶色(ちゃいろ):brown
絵(え)の具(ぐ):paints, colors
画家(がか):painter, artist
絵(え)を描(か)く:paint a picture
棚(たな):shelf
イタリア:Italy
ベネチア:Venice
建物(たてもの);building
2日後(ふつかご):two days later
袋(ふくろ):(plastic) bag
顔(かお):face
助(たす)ける:help
青(あお)い:blue
ブラウス:blouse
明(あか)るい:bright
化粧(けしょう)をする:put on makeup
道(みち):road
消防車(しょうぼうしゃ):fire truck
チャンス:chance
バター:butter
ドキドキする:heart is thumping
髪(かみ)の毛(け):hair
バカ:fool
怒(おこ)る:get angry
手(て)をあげる:raise hand
建築家(けんちくか):architect
コンテスト:contest
線(せん):line
奥(おく):back, far side
脱(ぬ)ぐ:take off
化粧品(けしょうひん):cosmetics
ごみ箱(ばこ):trash can
捨(す)てる:throw away

☆Conjugation of verbs
ます形(けい)《masu-form》
て形(けい)《te-form》
じしょ形(けい)《dictionary-form》
た形(けい)《ta-form》

☆Grammar
~でしょう:probably
Represents a prediction of the future. (Something that cannot be clearly determined.)
・たぶん あの人(ひと)は 私(わたし)と もっと 話(はな)したいでしょう。
《There’s a probability that the person wants to talk to me more.》
※I explained this grammar because it is at the N4 level.

《Script》

こんにちは、Megです。
今日きょうのエピソードは、「魔女まじょのパン」です。
あるまちちいさなパンが あります。
そのパンは マーサのみせです。
マーサは40さいです。結婚けっこんしていません。
そして、お金持かねもちで、親切しんせつひとです。

いっ月前げつまえから、40さいくらいのおとこひとが、マーサのパンます。
おとこひとは、めがねをかけています。
そして、帽子ぼうしをかぶっています。
おとこひとふくは、ふるいです。そして、きれいじゃありません。
でも、おとこひとたかいです。そして、ハンサムです。

おとこひとは、ふるいパンを2ついます。
このパンは、まえのパンです。ですから、かたいです。

マーサのパンでは、あたらしいパンはひと100円ひゃくえんです。
でも、ふるいパンはふたつで100円ひゃくえんです。

おとこひとは、1週間いっしゅうかん2回にかい、パンます。
そして、いつもあたらしいパンをいません。
ふるいパンをいます。

ある、マーサは、おとこひとました。
おとこひとは、あか茶色ちゃいろいろが ついています。きれいじゃありません。
マーサは それを て、おもいました。
「このひとは、きます。あか茶色ちゃいろいろは、です。
このひと仕事しごとは、画家がかです。そして、おかねがありません。
だからふるいパンをいます。このひとふる部屋へやで、きます。
そして、わたしふるいパンをべます。」

マーサは ひるごはんを べています。そして、おもいました。
「あのひとに、わたしの おいしい料理りょうりべてほしい・・・。」
マーサは、おとこひときです。

ある、マーサは おとこひと仕事しごとを とてもりたいと おもいました。
それで マーサは うちから 1枚いちまい ってきました。そのみせたなきました。

そのは、イタリアのベネチアのでした。
とても きれいな 建物たてもの、きれいなそら、きれいなかわでした。

マーサはおもいました。
おとこひと画家がかですから、このて、なにうでしょう。」

2日後ふつかごおとこひとました。
おとこひといました。
ふるいパンをふたつください。」

マーサは ふるいパンをふくろれています。
すると、おとこひとが マーサに いました。
「きれいなですね。」

「はい?」マーサは とても うれしいです。

おとこひとが マーサに きました。
きですか?」

マーサは いました。
「ええ。・・・・が きです。」
マーサの かおあかいです。

マーサは『と あなたが きです』と いたいです!
でも、うことができませんでした。

そして、マーサは おとこひときました。
「このきですか?」

おとこひといました。
「う~ん。このは きれいです。でも 建物たてもの上手じょうずじゃありません。・・・では、また。」

おとこひとみせました。

マーサは おもいました。
「あのひとは、画家がかですね。が よく わかります。」

マーサは うちかえりました。そして、おもいました。
「あのひとは とても 親切しんせつです。そして、ハンサムです。
でも、おかねが ありませんから、ふるいパンを べています。
画家がか有名ゆうめいになるまで、時間じかんが かかりますから・・・。
わたしは おかねが たくさん あります。わたしのおかねで あのひとたすけたい!
わたしたすけたら、すぐ 有名ゆうめいになるでしょう。」

それから、おとこひとみせたとき、マーサは よくおとこひとはなしました。
マーサは おもいました。
「たぶん あのひとわたしと もっと はなしたいでしょう。」

おとこひとは いつも ふるいパンを いました。
ほかもの全然ぜんぜんいませんでした。

おとこひとまえより 元気げんきじゃありません。
マーサは 心配しんぱいしました。そして、おもいました。
「あのひとに もっと おいしいパンを あげたい・・・。
でも、あのひとわたしが おいしいパンを あげたら、どう おもいますか・・・。」

それから、マーサはあおいブラウスをました。
とてもあかるいいろのブラウスです。
そして、きれいに化粧けしょうをしました。

ある、また おとこひとみせました。
そして、いました。
ふるいパンをふたつください。」

そのとき、みせまえみち消防車しょうぼうしゃはしりました。
とてもおおきなおとでした。

おとこひとみせそときました。
マーサは おもいました。
「あっ!いまは、チャンスですね。」

マーサは おとこひとふるいパンを すこりました。
そして、そのなかに バターを れました。
それから、そのパンを ふくろれました。

おとこひとが また みせはいりました。
そして、パンのふくろって、きました。

マーサのかおあかいです。そして、ドキドキしています。
マーサは おもいました。
「あのひとは どう おもいますか?あのひとうちかえって、
あのふるいパンとみずだけのおひるはんべます。
あのひとがパンをべたとき、どんなかおを しますか?
どう おもいますか?うれしいですか?」
マーサのかおは もっと あかいです。

その夕方ゆうがたみせのドアがきました。
とても おおきなおとでした。
あのおとこひとと、らないわかおとこひとました。

おとこひとかおは とても あかいです。
帽子ぼうしを かぶっていません。かみは きれいじゃありません。
おとこひとおおきなこえで マーサに いました。
「バカ!バカなおんな!」

わかおとこひといました。
「もう きましょう。」

でも、おとこひとは とても おこっています。
「いや、わたしきません。わたしは このおんないたいです。」

おとこひとは マーサに いました。
わたしは もう だめです。どうして、おまえは・・・。」
おとこひとを あげました。

「きゃっ。」
マーサは びっくりしました。

わかおとこひといました。
「だめです。きましょう。」
そして、おとこひと一緒いっしょみせそとました。

すこしあとで、わかおとこひとみせはいりました。
「すみません。わたしかれおな会社かいしゃはたらいています。かれ建築家けんちくかです。
かれは このさんげつ、がんばって 建物たてものきました。コンテストがありますから。」

マーサは いました。
建築家けんちくか?コンテスト?」

わかおとこひとしずかに いました。
「ええ。かれは いつも 最初さいしょに えんぴつで きます。
そして、最後さいごに えんぴつのせんふるいパンで します。
ふるいパンは、しゴムよりいいです。ですから、かれはこのみせふるいパンを いました。
・・・わかりますね。今日きょうもここでパンをいました。パンからバターが・・・。
かれは もう だめです。コンテストにすことができません。」
そして、わかおとこひとみせました。

マーサは みせおく部屋へやはいりました。
そして、あおいブラウスを ぎました。
いつもの茶色ちゃいろのブラウスを ました。
それから、化粧品けしょうひんを ごみばこてました。

ありがとうございました。
このエピソードのクイズが あります。
ぜひ、クイズにチャレンジしてください!

では、また!

☆Quiz for this episode
Quiz at italki page

◇Images and Videos
pixabay
pexels
Adobe Stock
いらすとや
ぱくたそ

☆Music
BGMer

関連記事

  1. #37 わたしの まち《My town》 // N5 Level / …

  2. #34 Short story / こうもりの ともだち?《Who i…

  3. #41 Short story / トイレの女の子《A girl in…

  4. #16 Short story / Tanabata / stor…

  5. #5 Short story / Hanako’s da…

  6. #13 Short story / Hanako’s …